子育て10年&ライター2年

小学生と幼稚園児のママ。少しだけ在宅ワークしています。

【2019年GW】は10連休?祝日の仕組みと学校・医療機関の心配

f:id:i_blog:20181020195929j:plain

 

きっと子どもに質問される!来年のGWのこと

家計簿やカレンダー、スケジュール帳など、来年の物を購入し始める時期ですね。来年のカレンダーを見ると、気になるのが話題のゴールデンウイークです。

来年のGWは10連休かも!と話が出ていましたので、子ども達も気になっています。

【想定される10連休】

4月27日(土)
4月28日(日)
4月29日(月) 昭和の日
4月30日(火) 休日化?
5月1日(水) 新天皇即位の日…休日?
5月2日(木) 休日化?
5月3日(金) 憲法記念日
5月4日(土) みどりの日
5月5日(日) こどもの日
5月6日(月) 振替休日

 

ですが、これは「決定」ではなかったらしく、10月12日(金)に政府が「検討を表明」している記事を見ました。

 

www.huffingtonpost.jp

まだ決まっていなかった?2019年GW

10連休かも!という報道は小学生の目をキラキラさせてくれました。いつ正式決定になるのでしょう。企業としてはヤキモキしかありません。 

10連休に変わるかどうかは、5月1日(水)「即位の日」の取り扱いがポイントになるようです。 

▶▶忘れてしまいそう!GWの祝日をおさらい

子どもにはGW中の祝日のことも話してあげたいですよね。ちょっと忘れてしまいそうな連休中の祝日は、このようになっています。

 

【4月29日「昭和の日」】2007年からスタート

 ←2006年までは「みどりの日」

 ←1988年(昭和最後の年)までは「天皇(昭和天皇)誕生日」

【5月3日:憲法記念日】

 日本国憲法の施行(1946年11月3日公布、翌1947年施行)の記念日

【5月4日:みどりの日】

 ←2007年に4月29日が「昭和の日」へ変更された時に日付移動で新設

【5月5日:こどもの日】

 来年は日曜ですので翌6日は振替休日になります。

 

現在、天皇誕生日は12月23日ですので来年の名称も変わりそうです。

昭和天皇の誕生日は「昭和の日」、明治天皇の誕生日は11月3日「文化の日」になっています。

日本国憲法には公布日(11月3日)と施行日(5月3日)がありますので少しややこしいですね。建国記念日(2月11日)には「建国」の概念などが議論になることがあります。

 

 

 

「祝日法」の仕組み

現段階では来年の4月30日(火)~5月2日(木)は平日です。

ここで2019年限定ですが、5月1日が祝日になると、4月30日と5月2日が祝日にはさまれ休日として扱われる見込みなのです。

 

f:id:i_blog:20181012144114j:plain

 

5月1日が「休日」の場合

5月1日が祝日ではなく「休日」の場合は、このようなオセロ方式は適用されません。4月30日と5月2日は平日のままで、とびとびの連休になる見込みです。

 

10連休になった時の心配ごと

子育て家庭としては、小児科の診察がどのようになるのかが心配なポイントです。休日診療がパンクしそうですし、医療機関が人手不足になる可能性があります。

予防接種のスケジュールは後ずらしになりそうですね。

また、サービス業で働く家庭では子どもの預け先に困ります。保育園の運営はどうなるのでしょうか。

学校では他の日に振り替え授業が行われる可能性もあります。英語やプログラミング授業の必修化を控えて授業コマ数はすでに増加していますので、子どもと学校の負担が大きくなってしまうでしょう。

 

8月に「夏休みの長期化」検討が表明されたばかり

近年の夏の猛暑、異常気象のため政府から学校へのエアコン設置が指示されていますが、全校設置に時間がかかる見込みです。

そのため政府から教育委員会や各学校へ、夏休みの長期化を検討するよう働きかける話が8月に出たばかりですね。

その分だけ冬休みが短期化される見込みですが、もともと冬休みが長い寒冷地でも記録的な猛暑に見舞われていました。

2020年にはオリンピックも控えていますし、学校は一体どうなるのだろうと心配になってきます。

 

《まとめ》長期休暇の負担増

長いお休みでその分、負担が増える見込みです。医療・介護関係が本当に困る点でしょう。10連休の件、どうなるのか早めに知りたいものですね。