にーこWork~Nii-koの子育て&在宅ワークBLOG

在宅ワークをしている二児の母です。

ゆうパック『置き配』スタート!Amazonの地域限定「置き配」も活用しよう

f:id:i_blog:20181023211302j:plain

 

配達が来た時、出られない瞬間

配達が来ても、運悪く受け取れない時がありますよね。掃除機をかけていた、お風呂掃除をしていた…家にいたのにインターホンに気づかず、あとで不在票を見つけることがあります。 

 

 

 

 

 

日本郵便の「置き配」スタート

日本郵便 置き配

 

日本郵便で2019年3月18日から「指定場所配達サービス」である「置き配」が始まります。

事前にサイト上で場所を指定しておく必要がありますが、「ゆうパック」を配達する際に配達先が不在の場合に適用されるサービスです。

転送のようなかたちで指定先に届けてくれるわけですね。再配達の多い状況ですから、このようなサービスが増えるといいですね。

 

日本郵便「置き配」の利用手続きは?

「置き配」制度を利用するには

  • 日本郵便のWebサイト「ゆうびんポータル」に登録
  • 「ゆうびんID」を取得

この手続きが必要になります。

 

yu-bin.jp

「置き配」サ-ビスの流れ

置き配サービスの条件としては

  • 「ゆうパック」が対象
  • 荷物の送り主が出荷データを日本郵便に提供
  • 置き配利用に同意していること

これらが前提となります。

そして

  • 送り主から出された荷物の情報
  • 受取人の登録情報
  • 配達先の情報

これらの情報を日本郵便がマッチングしていきます。

実際の利用には

  • 受取る側が「お届け予定通知」「ご不在通知」メールを受信
  • その後に不在時の受取り場所を指定

このような流れになります。

 

login.post.japanpost.jp

「置き配」に指定できる場所は?

置き配に指定できる場所としては

  • 自宅の宅配ボックス
  • 郵便物の受取り用の箱
  • メーターボックス
  • 物置
  • 車庫

様々な場所を指定できます。メーターボックスや物置は扉がついていますので安心ですね。

宅配ボックスを設置できない集合住宅にお住いの皆様!日本郵便サイトで登録しましょう。

 

利用できない荷物もあるよね?

「置き配」は「ゆうパック」を対象としています。

転送のような取扱いになりますので、

  • 生もの
  • チルド品
  • 代金引換便

これらは利用できない荷物となります。

 

Amazonにも!「不在時置き配」サービス

Amazonの配達でも「置き配」が可能となっています。一部の配達地域・業者限定のサービスです。

 

f:id:i_blog:20181019125336p:plain

 【画像出典:Amazon公式サイト】

 

条件としては

  • Amazon.co.jpが発送する商品で、サービス対象の注文のみ
  • 置き配の利用手数料は無料
  • 対象の配達業者・配達地域がある
  • 該当の場合は注文時に《置き配指定》リンクが表示される
  • 注文ごとに指定

このような条件があり、在宅・不在にかかわらず指定場所に配達されるようになっています。

 

置き配指定は、Amazon.co.jpが発送し、一部のデリバリープロバイダがお届けするご注文が対象です。置き配指定を利用すると、お客様のご在宅・ご不在にかかわらず、ご指定いただいた場所に商品を配達します。受取時のサインは不要で、指定場所への商品の配達をもって配達完了とします。

 

Amazon.co.jp ヘルプ: 置き配指定について

 

 

 

「置き配」に慣れていこう

再配達の割合が非常に多い問題や、一回の注文分でも分割して配達されるケースがあるなど配達関連の負担の大きさが問題になっています。

日本郵便の置き配のメリットとしては、配達地域に差のない全国共通のサービスだという点でしょう。

受け取る側も便利になるシステムですので利用していきたいですね。