子育て10年&ライター2年

小学生と幼稚園児のママ。少しだけ在宅ワークしています。

同時期感染!息子「ロタ」親「ノロ」【親子で嘔吐・下痢】わが家の危機

冬に多発!ウイルス感染

冬に猛威を振るうのは、インフルエンザだけではありません。主なものに、RSウィルスやロタウィルス、そして感染力の強烈なノロウイルスがあります。

わが家にも感染症は何回も何種類もやってきたのですが、その中でも忘れられないのがノロウイルスです。

 

f:id:i_blog:20180929111054j:plain

 

恐怖の感染症(※わが家の場合)

もう二度とかかりたくない感染症は?と聞かれたら、即答で「ノロ」です。

わが家はある冬、ノロウイルスに夫婦でかかりました。しかも当時、乳児だった息子が直前にロタウイルスに感染。

私は看病中だったのです。恐怖の同時期感染。同じ失敗や恐怖を味わってほしくないと思い、体験を書いておきます。

 

▶▶ノロってそんなに?

ノロウイルスで一人が嘔吐すると、適切に処理を済ませても同じ室内にいた人が感染してしまうほど強力です。

保育園で一人のお子さんがゲーーになると休園になるというのはウワサ話ではありません。本当に仕方のないくらい対処の難しいウイルスなのです。

 

 

 

 

予防接種ないの?

完治した後、私も思いました。インフルエンザだって予防接種がある。

でも現状では、ノロウイルスの予防接種や抗ウイルス剤はないのです。

体力のある人なら数日で軽快するようですが、ノロウイルスは時間差攻撃です。

発症後の3日間あたりが感染力が猛烈で、その後良くなったと安心しても、身体からウイルスを排出し続けるのです。

 

抗生剤も効かない

抗生物質も効きません。ウイルスを出し切らないと治らないので、自己判断で吐きけ止めなどを服用するのは厳禁です。

では病院でもらうお薬は?

わが家の場合、最初に症状が出た主人は胃腸薬の処方を受けました。(これだけ。)

次に症状が出た私は家の近くの病院を受診し、漢方薬の処方を受けました。

これだけ。そういうものなのです。

 

息子の看病と自分の症状

体力があれば症状も軽かったかもしれません。でも、ちょうど息子のロタウイルスの看病中だった私。息子は入院して点滴を受けていました。

そのころ主人が嘔吐の症状。

「ロタ?」と思っていたら、違うと判明。看病中の私も感染してしまったのです。私は極限状態になっていました。

 

息子にゼッタイうつしてはいけない!!

すでにロタに感染している息子は絶対にノロにかかってはいけません。小さいので重症化します。

小児科の入院なので身内の付き添いが必須なのですが、感染してしまった私は付き添いすることが不可能。遠方から身内を呼んで付き添ってもらいました。

付き添いは24時間の看護です。すごく申し訳なかった。

主人はそのうち軽快しましたが、後遺症のような胸苦しさが残っていたようです。

 

▶▶《エピソード》看護師レベルの除菌でも防げない(友人宅)

看護師をしている友人宅。お子さんが園からノロウイルスをもらったらしく家で吐いてしまいました。

当然、彼女は徹底消毒と除菌処理。でもその後、ご家族全員が感染したのです。手助けに来た身内まで感染。

看護師レベルの処置でも防げないウイルスなんだ!とその強力さに驚きました。

うちの息子はたまたまロタで入院していたおかげで、親子感染せずに済んだのだと思います。

 

家庭内処理の注意点

ノロの処置はインフルエンザの家族を看病するときよりも厳格です。処理に使ったビニル手袋や新聞紙、雑巾などはすべて密封廃棄になります。

わが家でも袋を二重にして閉じ込め、ゴミ袋に大きく注意書きをしてゴミ出ししました。

使ったタオル類も漂白剤ですぐ洗ったり、できるだけ廃棄することになります。

トイレで吐いた時は、フラフラしながらトイレ内の除菌を徹底していました。苦しかったの一言です。

 

▶▶寒いけど窓全開で換気

処理した後は室内の換気のため、窓は全開です。寒いので辛いですが、空気中のウイルスが一番危険。

手洗いうがい、いろんなドアノブの消毒など、衛生面を徹底していました。

後で知ったことですが、換気した後に加湿器を使って部屋を潤すと、浮遊しているウィルスを抑える効果があるようです。

 

会社はどうなった?

お子さんの園も、大人の会社も、規則にしたがって休むことになります。主人も会社に連絡して規定通りに休みました。

感染症は出勤停止期間が設定されているので職場に指示を仰げば間違いありません。

仕事が忙しいと気になってしまいますが、忙しい時期ほどしっかり休まなくては会社の人も巻き込んでしまいます。

 

その他、気づいたことは?

家族そろって完治するまでに期間がかかりました。

看病、通院、子供の付き添い、処理作業は大変なものです。常備食をもっと買い置きしてたら良かったなと思いましたね。消耗品もです。トイレットペーパー、洗剤・漂白剤・キッチンブリーチなど多めに買い置きすべきでした。

その他、イオンドリンクや、お米も。すぐ横のコンビニすら行けない、症状の重い日が続いたのでどん底のような状態でした。

 

ノロで腸の動きが止まる?

腸はウイルスが入ってきたり、腸内環境が悪化して悪玉菌が優位になると、下痢が起きやすくなります。

しかもノロウイルスの力は強力なため、腸の活動も低下してしまうようです。私が受診した際は「腸の動きがもう止まってますね」と言われました。

動くはずの臓器が動かなくなったなんて、とんでもない恐怖でした。

数日かけてウイルスが体外に排出されると、腸も活動が戻ります。それまでが本当につらい日々でした。

 

《まとめ》もう二度と

もう二度と感染したくない。家族の共通語となっている「ノロ」です。

ロタで息子が入院し、親がノロ感染、親子とも完治、息子退院。一週間程度の出来事だったのですが、永久に続くかのような苦しみでした。

文字通り吐くような日々。二度と経験したくありません。感染症について身をもって勉強した冬でした。